21gai

新刊紹介

編集者に訊いた新刊紹介―『伝記でたどる戦国人物900人』

編集担当者による9月新刊『伝記でたどる戦国人物900人』のアピールポイントをお伝えします。本書は、単なる書誌情報に留まらず、人名見出しに簡略なプロフィールが付いています。また、出身地や活動地などから引ける「地域別索引」のほかに、戦国時代ならではの「家臣団・家別索引」が付けられました。
編集裏話

WhoPlusで生誕○○年の人物を探す

一般にデータベースで人物を調べる場合、「人名」や「フリーワード」から検索することが多いでしょう。では、生誕○○年の人物を探したい時、どうします? グーグルやウィキペディアでこういう条件指定による人物検索は難しいですよね。しかしながら、日外アソシエーツの人物情報データベース WhoPlus ならば可能です。
日々雑感

図書館総合展出展の軌跡

毎年恒例の一大イベント、図書館総合展と日外アソシエーツは切っても切れない関係でした。1999年の第1回より2016年の第18回まで、2005年度の1回を除いて、17年間皆勤賞です。出展の軌跡を振り返ってみましょう。
新刊紹介

編集者に訊いた新刊紹介―『日本図書館史概説 新版』

新刊『日本図書館史概説 新版』は、図書文化に関する記述も多く、本の歴史を追える1冊とも言えます。たとえば、「武士階級の文庫」の項には、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の三善康信、大江広元の2名の名前が挙がります。歴史好きな方へもおすすめです。
ニュース

貴館イチオシ地域研究・郷土資料アンケート調査

専修大学文学部の野口武悟教授が、新しい図書目録プロジェクト“地域別図書目録(仮称)”に取り組んでおられます。戦後国内刊行の図書を地名や地域ゆかりの件名などで抽出し、地域ごとに分類する画期的な図書目録。各地域のオリジナル資料の把握が十分とは言えないため、貴館の属する地域の、特にご担当者様がイチオシと思われる地域研究・郷土資料の情報を最大10点まで募集いたします。
日々雑感

レファレンス協同DBを引いてみた…

夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したとされる根拠について、国立国会図書館レファレンス協同データベースを調べてみたところ、確かな根拠を示す資料を見つけることはできませんでしたが、漱石と同じ世代の斎藤秀三郎にもこうした面白エピソードが残されています。
日々雑感

シダがきれいですね…翻訳の神髄

弊社の復刻出版『NEW斎藤和英大辞典 新版』は、斎藤秀三郎先生(1866~1929年)個人の主観、嗜好を大いに取り入れ、和歌、俳句、都々逸、漢詩などの英訳を随所にちりばめました。日本語特有の用例を極めて多く採用した点が大変ユニークであり、今日でも英語学史上に残る名著と言われる所以です。グローバル社会において、日本の習俗や日本人の思考を英語で表現する際に欠かせない辞典と言えます。
日々雑感

日外アソシエーツと復刻出版

日外アソシエーツは、文献目録・辞事典の編集がメインの専門出版社です。その一方で復刻物にも注力しています。図書館様に近い出版社として、書庫に眠った良書を発掘する復刻出版企画もまた醍醐味の一つです。
ニュース

コトバンクの「英和 用語・用例辞典」

ベテラン翻訳者の菊地義明さんが個人で編んだ「英和 用語・用例辞典」がコトバンクで無料検索できます。豊富な例文からネイティブならではの言い回し、慣例表現が掴めます。直訳ではないプロ翻訳者ならではの達者な和訳が大いに参考になります。特に新語に強いのが特徴です。ご活用ください。
ニュース

CDJournal 目次検索

「CDジャーナル アーカイヴ35」は、1985年4月号~2019年4月号までの35年間分の月刊『CDジャーナル』本誌が丸ごとPDFファイルで収録されています。想隆社サイトの「CDJournal目次検索」を駆使して必要な記事を探してアクセスいただけます。