営業便り

ホームページ商品案内「電子版あり」アイコン

日外アソシエーツのホームページ商品案内(書籍とCD-ROM)ページに「電子版あり」のアイコンが表示されるようになりました。これは「既に電子書籍化されてますよ」という目印です。新刊を中心にセレクトして、主要な電子書籍のプラットフォームへ提供中です。
営業便り

Weblio × 日外=辞典コンテンツ

日外アソシエーツの辞典コンテンツの一部を「Weblio辞書」に提供しているのをご存じでしょうか。弊社の辞典コンテンツ19点が収録され、ユーザーは無償で利用できます。
新刊紹介

「CDジャーナル アーカイヴ35」図書館での活用

『CDジャーナル』では、毎号新譜情報と評者コメント、アーティストへのインタビューなどが掲載されています。ライナーノーツを実際に読むのはなかなかハードルが高いのですが、「CDジャーナル アーカイヴ35」があれば、現在購入できないCDでも詳細を知ることができます。
編集裏話

『復刻 歴代風俗写真集』刊行までの道のり

『歴代風俗写真集』を作られたのは風俗史家の江馬務氏(1884-1979)。著作権の保護期間は70年です。復刻するためには、江馬氏の著作権継承者の了解が必要です。そして、花園大学歴史博物館が2012年に「風俗史家 江馬務の見た明治・大正・昭和」という展覧会を開催したことを知りました。
日々雑感

JEPAセミナー「橋本大也氏:ChatGPTと本の未来」

昨今、巷で騒がれている会話型AI「ChatGPT」(Generative Pre-trained Transfomer)、個人的に興味津々です。去る5月22日、日本電子出版協会(JEPA)主催のWebセミナー「橋本大也氏:ChatGPTと本の未来」を視聴しました。最先端の「GPT-4」などを活用し、日外データと組み合わせたら、レファレンスサービスの分野で何が生まれるのか!?
新刊紹介

こんなときに開きたい…『人物・人材情報リスト』

2年に1回刊行しているオンデマンド出版「人物・人材情報リスト2023」のご紹介です。都道府県別に歴史上の人物から現在活躍中の人物まで、あらゆる分野の著名人をまとめています。郷土資料として使えるのはもちろん、検索でもすぐに出てこない貴重な情報も載っています。
新刊紹介

「CDジャーナル アーカイヴ35」発売

2023年5月「CDジャーナル アーカイヴ35」が発売となりました。音楽総合情報誌『CDジャーナル』創刊号から35年分をDVD12枚に納めたものです。今回、雑誌目利きのプロフェッショナル、大宅壮一文庫の鴨志田浩さんに一文をお寄せいただきました。
新刊紹介

2023年6月の新刊『復刻 歴代風俗写真集』

2023年6月、時代風俗考証の1.5次資料『復刻 歴代風俗写真集』(風俗研究会編 江馬務解説)が刊行されます。本書がどういった契機で生まれたのか、その資料価値など、日本風俗史学会会員の青江智洋さんに書いていただいた「解説」をお読みください。
日々雑感

ブログのはじめに

2023年5月、「レファレンス倶楽部」というブログが始まりました。司書のみなさまをはじめ、広くレファレンスや調べ物に関わる人たちに向けた専門出版社のざっくばらんなブログです。匿名の個人ブログとは異なり、編集部または営業部スタッフの署名(あるいは筆名)記事が基本ですね。